ボーンブロス?何それ!?

と思った方も多いのではないでしょうか。また聞いたことあるけどよくわからない、そんなコメントもよく耳にします。


ボーンブロスというのはつまりは”ストック”であり、牛や鶏の骨をじっくり煮込み、骨髄に含まれる栄養素をぎゅーっと取り出したものです。


これ、実はめちゃくちゃ体にいいんです。ぜひ知って欲しいです。


まずはとにもかくにも栄養価が非常に高い!ということです。


1、コラーゲン

ボーンブロスにはコラーゲンがたっぷりと含まれています。コラーゲン=美肌、というイメージが強いかもしれませんがコラーゲンというのはタンパク質の材料であります。タンパク質というのは実に色々な仕事を体内で行っており、

*エネルギーの元

*骨や筋肉の元

*細胞の元

*消化酵素の元

*水分量を保つ

*ホルモンの元

*脳機能のコントロール

*視力のサポート

などなど数えきれない仕事があります。つまり、タンパク質は絶対に欠けてはいけない栄養素なのです!


2、ビタミンやミネラルが多く含まれている!

鉄分、ビタミンA&K, 亜鉛、などなど、多くの栄養素がぎゅっと詰まっています。安価なマルチビタミン&ミネラルを買うぐらいならボーンブロスを使ってください!と声を大にして言いたいぐらい、栄養素がぎゅっと詰まっています。


3、腸内環境のメンテナンス、修復にも

腸内環境がきになる、そんな方はボーンブロスはマストアイテム。ボーンブロスに含まれるコラーゲンやアミノ酸が荒れた腸内の壁を修復、改善してくれます。便秘、下痢、便秘と下痢のミックス、ガス、お腹のゴロゴロ、食物アレルギーなどなど、きになっている方に毎日取り入れて欲しいものです。


4、炎症を抑える

とにかくどこかが痛い!そんな方にもボーンブロスはおすすめです。消炎作用のあるとされているボーンブロスは関節痛、筋肉痛、頭痛、とにかく体の”痛い”に対してサポートしてくれるアイテムです。


5、痩せたい人にも

短距離走者の炭水化物とは異なり、タンパク質の多く含むボーンブロスは満腹感も長続きさせてくれます。また、Journal of Renal Nutrition によると、チキンボーンブロスカップ1杯分に対して、通常のチキンストックよりも多くのタンパク質が含まれている、と発表しました。



<どうやって使うの?>

使い方は簡単。多くのものが凝縮されたペーストやパウダー状で売られていますので少量で美味しく健康な栄養素が手に入れられます。

*お湯でといてそのままマグカップスープとして

*スープの味付けに(通常のコンソメやストックがわりに使います)

*味つきボーンブロスでさらに簡単に! 以下の写真はある日の夜ご飯の写真。魚をバターで蒸し焼きにして、ボーンブロスペーストを上にうすーく塗って食べました。

私が今回使ったのは、こちらのペースト。




レモン、ジンジャー、リンゴ酢、ターメリックが一緒に入ったペーストなので麺類を入れたスープにも非常に相性バッチリです。


材料も安心でき、使用されている牛は、 *100%オーストラリアで育てられています *牧草地で、牧草を食べて育っています *ホルモン剤、抗生物質一切不使用です



当クリニックでも取り扱っています、こちらからショッピングできますよ。



それでは素敵な週末をお過ごしくださいね!




Reference: https://www.medicalnewstoday.com/articles/323903.php#recipe


Hummingbird Health Space 

Naturopathic Clinic

Clinic Hours

 TUE - FRI 10AM-5:00PM

SAT 9AM - 1PM

CLOSED ON SUN/MON/PUBLIC HOLIDAYS

Contact / Access

LEVEL1, 11 DUNN ST CAIRNS NORTH, QLD

 

CALL US : 07 4276 1811

TEXT US : 0408 039 499

I'm a paragraph. Click here to add your own text and edit me. It's easy.